« エムエル。 | トップページ | 整備会1404 »

先見性。

アテラのウメが満開です。

Dscn1783Dscn1784_3

このウメは十数年前、川の護岸工事をした際に植えられました。

今では、この時期に花を咲かせ、そして実になり、そしてウメシュになります。

ありがたいことです。

同じくこの時期に花をさかせるスギ。

今では、この時期に花を咲かせ、花粉を飛ばす嫌われものです。

なかなか間伐してもらえず、間伐されても使ってもらえず。

かなしいことです。

Dscn1786

アテラのサクラはつぼみの状態。一年に一度の開花準備中。

こちらは数十年前に植えられたものです。

いずれもその昔、いろんな思いを込めて、ヒトの手によって植えられたはずです。

目先のことばかりに捉われず、長中期的な視野をもって行動したいトコロです。

十数年後、数十年後を思いながら、今年のウメとスギとサクラをご鑑賞くだされば幸いです。『春のアテラ』是非!!!

※4月6日(日)に定期整備会を予定しております。

|

« エムエル。 | トップページ | 整備会1404 »

ヒトリゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先見性。:

« エムエル。 | トップページ | 整備会1404 »